成長を促し未来を創る仕事|行政書士の通信講座にかかる 費用とは|未来の糧となる

行政書士の通信講座にかかる 費用とは|未来の糧となる

成長を促し未来を創る仕事

女性

短大卒業が多い理由

通学では大学・短大・専門学校で保育士資格が卒業すると取得する事ができます。それぞれ特色があり、大学では保育士以外の事も多く学べ、実技より知識重視のカリキュラムです。専門学校では保育士になる事に特化した実技も豊富なカリキュラムです。短大は2つの中間と言え、大学より保育士以外の資格を取得する機会は少ないですが、知識と実技のバランスが良いカリキュラムと言えます。実際に働いている保育士さんはこの短大卒業して就いている人が多いです。短大では保育士以外に幼稚園教諭の免許も狙えます。最近は保育の知識以外に教育の知識も有する保育士を、業界が求めている傾向にあります。幼稚園と併せた総合子ども園も多くなっています。今後の情勢に備える事と、大学より短い事で学校は短大を選択する人が多いです。

今から準備しておく事

保育士は日本の未来を創る仕事と言っても過言ではありません。将来の夢で毎年上位にあがっています。自身が経験した優しい先生との思い出から、こういう業界であるとイメージして学校に進学する人も多いです。実際、子供の成長や楽しい仕事ではありますが、遊ぶ事ばかりではありません。保育士の仕事には役所の監査の準備や成長記録作製、掃除や事故に対するリスク管理など、見えない部分の仕事がほとんどです。子供の成長と笑顔を守る為、実技や教育以外にこうした知識や観点も学校で学ぶ事になります。ただ楽しい空間を作るのではなく、子供の感性を引き出すなどがありますが、お遊戯や演劇にはそれらが含まれています。また、子供の好きな話題やアニメなど知り、目線を合わせる必要もあります。学校で学ぶ事以外に準備しておく事が多い仕事です。