行政書士の通信講座にかかる 費用とは|未来の糧となる

魅力が多い法律資格

ウーマン

仕事は多岐にわたる

行政書士は官公署に提出する書類作成や代行をする仕事です。特に行政書士は独占業務はありませんが、多くの書類を取り扱えます。会社設立の書類や許認可、開業日や遺言書作成など幅広い業務があります。書類作成以外にも予防法務やコンサルタント業務もしている方もおり、町の法律家として働く事ができます。以上の様に幅広い業務ができるので、その中で自分の得意分野を伸ばして、その分野に特化した行政書士として独立・開業できます。また、その幅広い法律知識は企業の法務や総務でも活用されています。多くのメリットがある行政書士ですが、国家試験に合格する必要があります。難解な法律問題なので、相応の学習期間が必要です。学習方法には独学・通信講座・通学があります。

家で通学並みの学習を

行政書士試験の合格に必要な学習時間は600時間と言われています。期間で言うと半年。長い期間の学習が必要です。また、合格率は8%程なので独学は難しく、通信講座が選ばれています。社会人から目指す方も多く仕事終わりに通学難しかったり、地域的な理由で通学困難な方が選んでいます。法律試験なので、法改正情報も得る事ができ、対策も受けれ、疑問も質問で解消される通信講座は、時間が取りにくい方に適しています。行政書士の通信講座は教育訓練給付金制度該当なので、費用も安く抑えられます。通信講座費用の20%を、ハローワークから支給する制度です。最後に通信講座は総じて教科書の質が高い事が挙げられます。通信教育で結果を出す為、試験を研究した合格の為のノウハウが詰まっているので、活用する人が増えています。

Recommended

  • 体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

    行政書士なら通信講座で費用についての詳細が掲載されています。独学で勉強したいと思っているならこちらをみてみよう。

成長を促し未来を創る仕事

女性

子供を育てた経験があるならこそ分かる事もあります。学校卒業して保育士を目指す人の多くは、子育て未経験者です。子供にとって保育士さんは豊かな人的資源です。わからない行動も多く悩む事も多いでしょう。保育士は未来を創る仕事です。

More Detail

人気の仕事に就くために

先生と子供

幼稚園教諭は今も昔も人気の職業であります。最近では共働きや少子化の傾向で幼稚園と保育園の一体化が進んでいる地域もあります。大学では幼稚園教諭と保育園教諭の資格を同時に取得できる所もあるので、学校選びの際は考えてみると良いと思います。

More Detail

仕事を有利にするために

レディー

マネジメントの能力があると、自分の仕事を管理し、部下に的確な指示を与えることで出世のチャンスをつかむことにも繋がります。実際にマネジメントに関する資格を取得するならば、スクールや通信講座を利用することも可能です。

More Detail